ニーハオ!
今日は旅人向け情報をお届けします♪


【30日間の滞在延長が認められるまで・
         雲南省麗江編2018年3月】


≪ポイント≫
昆明、大理では受け付けてもらえなかった。
・麗江ではできた。(しかも英語ペラペラ職員1名) 申請したのは無料滞在15日内の14日目。
 申請の翌々日に『査証(停留)』が貼られたパスポートを受けとれた。10日かかる町もあるらしいが。
 麗江市には「麗江市公安局出入境」という建物があり地図でも確認できるが、
申請受付は、ただの「麗江市公安局」(建物、場所全然違う)でやっているので注意。
・ビザがもらえるのではない。「あくまでも滞在の延長許可書ですからね」と念を押された。

IMG_20180328_111304_AO_HDR


IMG_20180328_111503_AO_HDR
住所:  太和路110号 申請場所はココ↑
古城からタクシー10元前後


≪必要なもの≫
1.境外人員住宿登記凭証 
  以前は、宿泊先に発行してもらう「外国人宿泊証明書」みたいなものが必要だったが、オンライン化にともないこちらに変更された模様。
(宿発行のものでも良かったのかもしれません。未確認)
 区間内の公安局派出所(私の場合は「麗江市公安局古城分局祥和派出所」)
へ行き発行してもらう。パスポートを見せるだけで、自分のパスポート情報や入国日、宿泊先の情報が公安に即確認され、その場で証明書が作成される。無料。そのためには、あらかじめ、外国人ツーリストをきちんと政府に登録している宿に泊まっている必要がある。おすすめ宿後述。

2.出入境証件貼表相片:33×48㎜
  ↑ 雲南省の写真店でこれを撮影してくれと頼む。撮影した写真が、その場で政府のサイトにアップロードされ、写真とともに証明書やバーコードが渡されるしくみ。(雲南省内1年有効)
 オンライン化にともない手持ちの証明写真は使用不可能になった。
 私は前髪がデコに少ーーしかぶっている、ピアスNG、首まわりが開きすぎているなどの理由で3回ほど自動エラーメッセージが出てきて(写真屋に見せられた)ハネられ取り直し3回。大理で撮影したが、同じ雲南省だったので使用可能だった。仏頂面写真7枚35元。

3.パスポート

4.160元(約2500円)

5.申請書。その場でもらいパパッと書かされるだけ、無問題。


【ふろく ★ 参考資料】

ふろく① 宿さがしのお供に♪
 「お宅の宿は外国人客の登録をしていますか? このお客は公安へ行き手続きが必要」的なメモ
IMG_20180331_093251

  高級なホテル「酒店」ならたいてい登録している。ホステル系や「客桟」はまちまち。やる気のあるフレンドリーな宿がよい。

ふろく② 麗江絶対的おすすめ宿 
 『愛之恋精品客桟』(←ラブホテルではない!)
IMG_20180331_095356


愛之恋!

IMG_20180331_093458
wifiは部屋ごとにテレビを使って飛ばす仕組み。


オープンしてまだ3か月のピカピカ宿。麗江は古城(旧市街)内より外のほう安いし食べ物屋も多くておすすめ。ツインルーム、シャワー・もちろん洋式トイレ付。Wifiばっちり一泊60元、約1000円! 古城南門まで歩いて5~6分。バス停へも5分。公安までは徒歩20分強。タクシー約10元。ここの若奥様がとーぉってもかわいくて親切! 今回、私が泊まったせいで「滞在延長申請する人の例」にさんざんつきあわされたため、登録から受け取りまですべて熟知しています。


IMG_20180329_180233

IMG_20180331_093529

というわけで、
私は大理で申請できないということをギリギリに知ってあせりましたが(前回ブログ
麗江はできるという情報に助けられ、それは本当でした。

ところで昔は申請2回までできるって聞いたんですが、今はどうなんでしょう?誰か調べて下さい。
IMG_20180331_012647

最終的にこれをもらいに行く日
宿の外に出たら雪山が……。
IMG_20180330_090309

というわけでこれが少しでも
雲南好きのあなたのお役にたれてばよいのですが。

申請がんばって、よい旅を♪

申請のために
役立つ地図アプリや中国VPN、
ホテルのトイレを詰まらせてしまった場合の対処法など(!)も近日お知らせします。


チャオ! 
シャングリラより