生まれて初めて、
っとゆーと若い娘みたいですが
今夜、初めて110番しました南オーストラリアにて。

「警察への通報電話番号は
国によって違うけど、
実はどの国の番号にかけても
現地の警察に繋がるようにはなってるんだよ。
例えばここオーストラリアは000番だけど
日本での番号110番にかけても
イタリア番号113にかけても
ちゃんと000に繋がるんだ」


2週間前、
熟年オージーカップルが泊まる部屋から
叫び声がして(暴力的なケンカ)
警察を呼んだカナダ女子が、
「いざとなったら警察の番号が
分からなくってグーグルしたわよ」
と言った。
その時に、誰かがこの
「通報番号は、異国でも通用する」説
を唱えていたんだよね。


でも110番、
ここ南オーストラリアでは
通じないじゃーーん!!‌ ‌ 


あわてて韓国男子客に教えられ
000番に通報したわて。
(ふだん通報はそこらにいる
英語ネイティブ客にまかせるけど
今日はオレしかいなかった


今夜はお客様の部屋からサイフが盗まれ、
中に入っていた
銀行カード1枚と
クレジットカード2枚が
16万円相当が
あっちゅーまに
使われてたっつー件。


犯人はうちの客しかありえない。。。


幸いすぐに気が付いた被害者が調べて
カードの使用時間やら使用場所が
特定できた。
通報からさかのぼって1時間内、
宿から歩いて2分のATMと
歩いて1分のバーで使われていた模様。


そして宿の監視カメラや
バーの証言から
ある男性客が浮上した。
10日ぐらい前にやってきたわりと新客。


2日前、
夜のキッチンでその容疑者の男とはちあわせた時
「実は今日誕生日なんだ」っつーから
わては部屋まで走って
缶ビールとTIM TAM(豪名物チョコレート)1箱持って
おめでとうって渡したさ。そしたら
奴さん、えらく喜んでさ。


でもいろんな客の証言からすると
誕生日も嘘だったかも………フン ! 


不幸中の幸いは、
警察が事件と認定し
犯人に不正に引き落とされた金とあれば
銀行はその全額を
被害者に戻すとのこと。
お財布に現金は入ってなかったそーで
それも助かった。


すっかりくつろいで
シャワー後のフェイスパック中に
呼びだされたオレだけど
ポリスのひとりが
かっこよかったのも幸い。
    (どさくさ小確幸


だけどね、
いま外室中の容疑者が
今夜これから部屋に戻ってくる可能性が
あるんだよね。
部屋、まだ荷物そのままだし。


だから夜中に
また呼びだされるかもなーー。
ちょいドキドキ。


眉毛描いて寝るかなー。



彼がどうやって
被害者の部屋に侵入してサイフを盗み、
パスワードなしで
ATMから金を引き出したのか、
明日すべての謎は
解ける???




おやぷみ。





😪




ほんと、
12月からいるけどこの宿
退屈だけはしません。
never get bored.