思いもしなかった、
屋久島での34日間がこーーんなにスバラシイものになるなんて!

34日間、夢物語のようだったよ。
ユースとはほど遠い年齢になっちゃったのに、
すっかりお世話になってしまったユースホステルに。

海に面したテラスで
ウクレレの練習をしている時も
ハンモックにゆられて昼寝している時も、
「あぁ何て幸せなんだろう、この瞬間!」
といつも思っていた。

(ウクレレに出会えたのもラッキー!
no title

お昼に掃除の仕事が終わるとシャワーで汗流して、
そのあと
オーナーのもえちゃんとれんくん(1歳)と
イカのパスタたべたり
月見貝焼いてみたりしながら
ベーーーラベラ喋って。

IMG_20190929_130727

そんな午後のひとときも
いつも向こうには海やフェリーが見えてさ。

IMG_20191005_132543_AO_HDR

夕方、
ママチャリでAコープに買い物に行く時に渡る橋、

IMG_20191016_131243


そこから見える山々や
夕日に照らされた川はどうしようもなくキレイで、
そんなところを毎日走れるのが嬉しくてしょうがなかった。


IMG_20191016_131339


もちろん、屋久島(世界遺産)が誇る
森や滝なんかの名所も素晴らしいけれど、
あたしゃ
なんてことのない日常の中にあるキラキラっつーんですかね、
そーゆーのにも惹かれるたち(ひろし)でして。


私の後任ボランティアを引き受けてくれた
フランス人のレナ(23)とも
ギャーギャー言いながら自転車で走りながら

71809286_543435603127199_2009904094478598144_n


あぁ、
スーパー行くだけで何でこんなに幸せなんだろって。

休日にはオニギリ握って(朝に弱いわてが!)
みんなで出かけて

IMG_20190930_091018

この岩崖から
服のまま水ん中に飛び込んだりしてさ。

IMG_20190930_143650

そーゆーの、
一度やってみたかったんだけど
夢が叶ったよ、屋久島で!?


そりゃ
名物トビウオも羽広げて
唐揚げにされるはずだよ!
IMG_20190927_124026_HDR






       つづく