(その1、その2からのつづき)


「もりさん、 
 このあとは、どうするんですか?」

会の後、
残っていたスタッフ藩士たちにきかれました。
IMG_20190829_132358

わてはそんまま正直に、
「10月なかばに実家の引っ越しがあるから
その時はカゴシマにいる必要があるけど、
それまでは未定。
自分の部屋か、バイトでもあればカゴシマに残るけど、
そろそろファミレス通いも疲れてきたなー。
安い国に飛ぼうかなー?」

すると藩士たちは
「何言いよっかおまんさーな、
そんなことならおいたちで何とかすっが。
せっかくカゴシマにいるんだから
もっとトークショーとかしてほしいって人もいるかもしれないし、
部屋が余ってるっていう人もいるかもしれない。
もりさんの珍しい経験とかを生かした
もっともっと面白いプロジェクトがあると思うんですよ。探しましょう!」

そんな風に意見を出し合って、
あっという間に、
その場で新プロジェクト結成。

【もりともこを鹿児島に残そうプロジェクト】

IMG_20190831_003143

当日の夜中にはもう、
いわお藩士によって
プロジェクトがフェイスブックに発表され、
さらには
『polca(ポルカ)』っちゅー、
がんばる人支援サイトに
支援金の募集まで。。。あははーー。‌ 
 
browser


マンマ・ミーーーーア! 

しかも
プロジェクトが発表されるや、
すぐさまバイト情報や住み込みボランティアの情報が入ってきて、
(いわお藩士の力!
発信からたった1日後の昨日、
もう行ってきたさ、
紹介してもらった
地元テレビ局取材通訳バイトに。


皆様、ほんのこて、ほんのこて、
ありがとう!    


実は
この秋で実家を関東に移すため、
もう鹿児島とのつながりも、
墓参りぐらいしいかなくなるのかなー。
なーーんて思ってたんだけどね、

こんなに皆様からの優しさをいただいちゃっちゃー、
これはまだまだお世話にならんとね、
カゴシマに♪ 


さぁ、これからどこで何しよう?

IMG_20190829_172822

あとね、
地道にやってきたことがやーーーーーっと認められてきたのか、
あんたはやっぱりどーにかして
に羽ばたいててほしいのよ!」
と言ってくれる友もいて。

最近
みーーんなの声が
嬉しすぎて泣けるぜ!

IMG_20190829_125435


昨日で47歳。‌ 

(誕生日ウィークだからいろいろ許してネ♪