ニーハオ!
残り少ない大理(リーダー)ライフを過ごしております。
朝の屋上ストレッチ → テラスで原稿 → 昼メシ休憩散歩 → テラスで原稿 → 夕暮れストレッチ
っとゆー感じの日々でしてねー、理想ですが。
まぁ実際は、
散歩長引いたり、雑談入ったり昼寝入ったりだけどね。

今日は先日訪れた【香格里拉】を
フツーに紹介しまっス。
P4010742
香格里拉と書いて、シャングリラ。
全然中国っぽくない発音でしょう? 

シャングリラというのは、
もともとイギリス人が書いた小説に登場した理想郷の名前。
この町が2001年に香格里拉市(シャングリラ市)と改名するまでは
中甸県(ちゅうでんけん)だったそーな。
えらい違うがな。

P4010750

たとえばもし、
鹿児島市がある日いきなり
シャングリラ市とかパラダイス市とかになったら
びっくりだよなー。

町の標高3160メートル。
P3300691
 道中 ↑

チベットの雰囲気が漂う町として知られております。

しかしチベットの雰囲気というなら
あたしゃ、インドの北、ラダック地方の
レーを押しますけど。(2006年レー訪問

まー、シャングリラも空気が澄んでてええとこやった。

P4010739

4月上旬の滞在中、
最低気温マイナス6度、最高10度とかで
標高よりも寒さを心配したけれど、
晴れれば日差しが強くて汗ばむぐらい。
夜は電気毛布にはりついていれば大丈夫でした。

滞在2日目の夜、
何にも知らないで町の広場に出てびっくり。
P3310730

イルミネーションが、
「え、え、えーーっ?」
っつーぐらいすごかった。

P3310738

さすが大陸、
電気代だの不況だの云々言わないで
こーゆーところは惜しまないべ。
太っ腹!
a

夜10時前、観光客はどんどん帰っていって
人が少なくなっても
ガンガン発光されていたイルミネーション。

寒かったけど、すごすぎて
広場からしばらく離れられなかった。

シャングリラは運輸代のせいか
ほかの町に比べると物価が少しだけ高い。
でも観光ブームで
数年前、宿を作りすぎたみたいで
今は飽和状態だから宿代は安いよ。

かわいいシャワートイレ付の部屋(客桟)
一泊80元が、簡単に50元(約850円)に下がった。

P4010753

夏だったら1週間ぐらいいてもいいかもな~。


再見♪