image

チケーミ!
今日はいまわてが住んでいるサランダ御殿を紹介するポー。
何度もいうけど
向かいの島はギリシャだけど
ここはあくまでも平和なアルバニア、
サランダという町だポー。
( ⇡ 皮肉じゃないポー)

image

1番好きなのは
海が見えることと
この誰にもジャマされないバルコニー。
隣人や工事人や大家と朝イチから「おはー!」みたいのもなく、
バルコニー上で目が合う隣人もいなく、
そして
ここに陽が当たる、陽がさしこむところだポー。
冬だからどうしても日当たりだけは
こだわりたかったポー。
家にいながら陽に当たりたい!
image

ここアドリア海沿岸は
日中、陽がさすと11月でもギラギラ☆太陽、
焦げるほど暑いんだけど
日陰と夜は冷凍庫。

砂漠か!
っちゅーぐらいその差がはげしく夜は寒いポー。
image

最初気になったといえば
下の通りを走る車の音と
wifiがないこと。

でも見に行ったほかの物件に
比べたら(どっかの国に出稼ぎ中の人の昭和?っぽいがらくたばっかりある部屋とか、家までの道がなく丘を這い上がっていなかなきゃいけないとか、wifiあるけど家賃が倍とか)

ここはかーーなり、お得物件だと分かって
「ポー!(アルバニア語で“はい”)」と
不動産屋に返事をしたポー。
image

いままでいくつかの国でアパートを借りたけど
これで100ユーロ(約1万1500円/月)は
ダントツ優勝だポー。

あ、家賃とは別に不動産に
仲介料15ユーロと
高熱水費は別で20ユーロぐらいで後払い。
image

後払いってのが怖い、
っていったら優しい大家さんが
「たいしたことないわよ、あたしが払うから
気にしないで寒い時はエアコンつけなさいよ」
と、身振り手振りで言ってたポー。推測だけど。
image

といっても、
平均収入300ユーロのアルバニアで
一人暮らしなのに100ユーロは贅沢だということも
心にとめておくポー。
廃材ハウス街(わかるよね?)
で暮らしてる人もいるポー。
image

と、今書きながら
個室空間2畳!!+共有シャワー&トイレ&キッチンで
5万円/月払った
新宿四谷の、
シェアハウスという名の
“脱法ハウス”(後で知った)を
思い出したポー。

大きくなったらマンハッタンの
家賃100万円の部屋でも借りたいなぁ。
……なんてね♪ (←薬師丸ぴろ子)
image

世界は広いね。


チャオ!