教会の鐘。
image

一般人は立ち入り禁止の
鐘塔の上まで登って
町を眺められるのは
ボランティア(非一般人?)の特権。
image

こーゆーこととか、
いろんなおもしろい人に出会えるのは
どんな給料よりも価値がある、
と思いたい。
image

↑ 労働仲間、イタリア女

8月のハイシーズン、
毎日いろんなペリグリーノ(巡礼者)がやってくる。
image

夕食・朝食付、寄付制のアルベルゲ(巡礼宿)。

いくらカッコよくても
お金持ちでも、
社会的地位が高い人でも、
食事の準備も後片付けも手伝わないひとは
ぜんぜんダメーーーーー!
image


一生懸命みんなのために力を貸してくれる
こんなペリグリーノがわてらは大好き♪
image

↑ 本日のシェフ: 父・息子とその友達巡礼者


しかーし、
モップをかけた直後に
土足で入り込んでくる巡礼者は
叩きます! 

2部屋を4人でシェアしなきゃいけないのに
個室じゃないと眠れない、
あの娘とはやだ、
と自己主張の激しい
ボランティアその2(メキシコ女)も
どーにかして!
しかも朝の掃除、自分の分担だけ終えたら
まだ他に終わってない人がいるのに
ヘルプの声もかけずに
とっとと自分だけシャワーへかけこむ
ボランティアその2(メキシカン)。
image

……いや、いかんいかん。
最近疲れてきたかな。
image


あんまり時間ないけど
これ読んでくれてる日本人の我が友たちよ
元気でね。
(あれ、死ぬわけじゃないよ)
image

ブエンカミーノ! 
image