怒りのミカン The Angry Oranges

2017年03月

シチリアのライスコロッケ、
アランチーノのパスタ版
image

パスタまで団子にして揚げるか!

ひとくち食べたら崩壊して
手はベトベト
口のまわりはトマトソースだらけになり
部屋に持ち帰った。

皿やフォークを使わず
パスタを食べれるいいレシピだけど
練習が必要。
image

美味しいラグー(ミートソース)たっぷり。
軽く一食分はあったね。

シチリアは
名物が揚げ物や甘いものばっかで
お腹壊れっぱなし。
ジェラートは
今回マカデミアナッツや
ティラミスの本気の味にも感動。

ティラミスは、まんま極上ティラミスを食べてるみたいだし
マカダミアはナッツの苦味まで味わえる。


甘さや揚げ攻撃のなか、
クスクスはひとときの癒やしになった。

ここトラパニはアフリカ文化も入っていて
モロッコで食べた
肉や野菜ずくしクスクスとはまったく違う
魚介のイタリアンなクスクス♪
image



だけど本当はもう
これ書いてるだけで胃がムカムカ。。。
image

もっと眠りたい、歩きたい。
酒とサラダだけでいい。

じゃあ食うなよ! 

でも今日も食べるでしょう。
チャオ!
















春だけどもー
image

最近自分の旅がスムーズにいかなくてさー。

image

今は旅の宿も飛行機もネット予約の時代。
でもわて苦手なんよー。
image

ネットで探して探して安い航空券を買ったはいいが
予定にあわなくなって捨てるはめになったこと
この旅2回。そして今回買い直したチケットは
「早く買わないと値段が上がっちゃう!」
と焦ったあまり
自分の名前を間違えて入力して
(離婚前の姓のパスポートを使ってるのがいけないのは分かっているが!)
名前変更料をとられたりさ。

安物買いの銭失い。
image


宿にしても
インターネットの予約サイトに載らない
安宿がいっぱいあるような国では
宿は町についてから歩いてさがす。
これはわて、昔から得意だったの。
たくさんムダ歩きもするけど直接見て歩いて交渉して気に入った宿に決める、シンプル。
image

しかしいまや、
それができる国が減った。
特技を発揮できる舞台が減った。

特にヨーロッパ等、物価の高い観光地の
安宿は、ほぼどこもネット上に予約窓口がある。
しかもサイトによって値段が違ったりバーゲン価格とかあったりして
貧乏旅行者の仕事は増えるばかりさ。

なんでこんなめんどくさいんやろ???

こーゆーの、得意な人もいるよね?

明日から4泊する部屋も
自分の情報を入力して会計が完了したあとで
現地でさらにプラスいくら払えだの
注意書きに気付いて
あーやめればよかったとかさ。

こうなったらテントかついで旅するか。

↓ シチリア名物
衣つきポテトフライサンドpanino con panelle
image

そのうちパン1個買うのでも
「要ネット予約」
になったりして!?


なりませんように。
image



チャオ!





1999年ぶりのパレルモ。シチリア。
町から10キロ離れたmondelloっつーとこのビーチへ行ってみた。
image

水がきれー!
ってそれよりも今日は、
人がいたことにびっくり。
image

それもちょっとじゃねー、
どっさりいたよ今日はサバト(土曜日)。
image

最近、
“シーズンオフの観光地専門家”みたいに
なってるからね、io(←イオ=わし)。

冬なのに海に近づく機会も多かったしな。
(アルバニア、イタリア)
image


嬉しいなー、このにぎわい。
image
歩きながらジェラートを食べる人たち。
ここシチリアは
ジェラートをブリオッシュ(パン)にはさんで
食べるのも名物。

きれいだなー、海。
image




image



image


あーーーーーーーーー、海♪
https://youtu.be/iGKk0ld7bdY
 ↑ 2011年の沖縄の海



沖縄もまた行きたいな。





チャオ!













アグリジェントには
「神殿の森」といわれるギリシャ遺跡群があります。
アーモンド祭りのおかげでそのなかのハイライトである寺院 ↓ が無料公開された。
image

いえーーい!

遺跡本体もいいけど、それよりも自然好きなわては
後日、遺跡ゾーンには入らず
自由に野山を歩き回っていろんな角度から遺跡を、
そして花や緑を楽しんだ。
image

なんて美しいの!
image

春の自然に感動。
image


誰もいないし。
image

時々、背の高い草をかきわけたり
交通量の多い国道の歩道をおそるおそる歩いたりして、
放置されている遺跡にでくわしたりしてさー。
image

ぼーっとしたよ。
image

そんで相当歩いた。

今年の冬は
毎日、重い重い薪を運んで
悪戦苦闘して薪をたいて暖をとってと
厳しかったからねー。北向き物件で。
image

1泊14ユーロの部屋(一応宿)は古いけど日当たり良好なのも
ものすごく嬉しいわけで。

春だーーーー!
image

部屋に飾ってあった写真。
何年前だろ。
image

シチリア来て良かったな。

っつーか、
どこにいても春の到来ばんざい。


チャオ!











😍


このページのトップヘ