怒りのミカン The Angry Oranges

2016年09月

休憩トルティーヤ
image

最近よく食ってるな。

雨の日が続いて
道は厳しかった。
image

だけど元気な父(オーストラリア)と
母(オランダ)と
「バカヤロー」といいながら
霧と暴風雨の中歩いた。

母は嵐の森で
バルに入ると踊りだした。
image


「もう踊るしかないね」
わても踊った。
image


濡れネズミになって店に
入り込んできたほかのペリグリーノたちが
笑う。
image


明日は晴れるさ

ブエンカミーノ♪





カミーノ・プリミティボ9日目の今日は……
image

霧、霧、霧、雨、雨、雨
そして寒!
数日前は35℃だったのに
今日は5℃まで下がったっち。
image

バルで休憩するペリグリーノ、熟年チーム。↑

アストリア州から、文字通り
霧のガリシアに突入したずら。
image

ガリシアの魔女には注意しなされ!
image


今日はカッパ着て
冷たい雨に降られながらも
トイレをがまんして
よく歩きました、23km
image

さあ食うぞ!
ガリシアといえば、
ソパ・デ・ガリシア
image


そして茹でタコ
プルポ・ガエーゴ
image


自家製のチーズプリンまでうまかったよ。
image

スペインの食べ物って
ハムだパエリアだっていろいろあるけど、
わてはこの
ししとう・タコ・ワイン
があればあとはどーでもいい。
image

あー食った食った。

ブエンカミーノ、明日はダイエット♪









カミーノ・プリミティボ。
image

中世の教会や病院を巡る「フランス人の道」とは
景色も雰囲気も違って
とにかく山歩き中心。
image

「牛と曇りの道」
ともいわれてるけど
幸い天気は最高。
image

空気がうまい!
image

足のマメは現在2個。悪くない。
image

その他の
この道の特徴としてはね、

ここは噂通り
‘’山歩き命‘’なかたが多くて
だらだらテントとギター持参で歩いてる人とか
ローラースケートで走ってる人とか、
へんな髪形の人とか、
行く先々のアルベルゲでケーキ焼いて
みんなにふるまってくれるパティシエ・ペリグリーノ(巡礼者)とかは見かけなく、

夜遅くまでワイン飲んで
歌ってくっちゃべったりもなし。

そのへんがわてはちと淋しい。
わての友はどこだーー???

image


本日8日目にして
雨にふられ、
いい機会だからサボってるよ。
image

今日は歩くのは5キロだけにして
チーム変更してみようか。
(みんなは26km先まで歩く)

違う顔ぶれに期待!
image

ブエンカミーノ♪

なんか知らんけど(?)
カミーノを歩くことに。
image

行きたい場所、
ゆっくり休めそうな場所が思いつかなくて、
せめてもとボランティアやってさ。
で、2ヶ月たってさんざん疲れた気がするけど
残りは歩いとる。

ほんまにもー(坂東英二)
カミーノ難民やな。
image


image

「カミーノ・プリミティボ」
数あるカミーノ・デ・サンティアゴの
コースのなかの
上級者コース。
でも日影多いね!
image


牛も多いよ、うわっ!
image


「ひとりきりになれる時間」が
家なしの身には何よりの宝。
よって非社交的になりがちなわて。
image


せっかくだから明日は
もう少し社交的に!?

ブエンカミーノ!
image

チャオ♪


アルベルゲのオーナー神父は
夕食が終わる頃になるとスペイン語で言う。

「このあとみなさんを
10分か15分程度のお祈りに招待します。
場所は教会の聖歌隊席。
それがすんだら、
サクリスティ(聖具保管室)で
ホスピタレーロ(わてらボランティア)が
みなさんのクレデンシャル(巡礼証明書)に
スタンプを押しますからね。
しかし昼間のように、
image

教会へ行くためにいったん
ここから外に出て、
隣の教会の正面ドアから入る必要はありません。
なぜならこのアルベルゲ内には
教会につながる"秘密の通路"があるからです!!
全員揃ったところで
案内しますから、一階に集合して下さい。
勝手に歩きまわって迷わないように。

えー、去年ひとりですね、
日本人のペリグリーナ(巡礼者)が
教会の鐘台に迷い込んで出てこれなくなりまして。でもなんとか戻ってこれたようで
それ以来、ここでボランティアの
ホスピタレーラとして働いてくれているのが
あそこに座っているトモコさん♪」

(……一同爆笑。)
image

このアルベルゲの神父は
テキパキと厳しい人かと思いきや
時々ポロッとこんなジョークを言って
みんなを笑わせる。

↑ でもこのジョーク、
真に受けた人がいて
あとで私に「大変だったんだね」
とかいってくるから私も調子に乗って
『うん、鐘台に登って降りてきたら
外からドアにカギをかけられて、
脱出できなくなっちゃって、
鐘台の上で一夜を明かしたんだ』
と言ったらそれも信じられちゃった!
image


image


だけど秘密の通路があるのは本当です。
カミーノのフランス人の道を歩く人は
ぜひログローニョの
当アルベルゲに泊まってみてね。
image

ログローニョには、
公共のアルベルゲもあるけれど
それを通過してカミーノをさらに5分ほど
歩いたところにあるサンティアゴ教会
併設の寄付制のアルベルゲ
「パロキアル(教会系)」。

ブエンカミーノ♪
image




このページのトップヘ