馬が寄ってきた。
image


晴天と暗雲のあいだ。
(冷静と情熱のあいだ)
image


晴れてない日は、
霊界ばりにいつも霧。
image

カミーノ・デル・ノルテは
霊界だな!(持論)
image

霧のガリシア。(ほかの州も霧だらけだったけど)
image


昨日のアルベルゲは大きかった。
もちろん
地下から3階までひとりで貸し切り状態。
設備がいいせいか、他の州より
1ユーロ高くて一泊6ユーロ(900円)
でも暖房がない!!!

でもキッチンにちゃんとした
(火をおこさなくていい電気の!)
オーブンがあったんだよね。
image

それから「これを焼いてあったまれ」
と言わんばかりの、誰かが置いていった
でかポテトも!
ありがとう◎

ベークドポテト♪
image


image

(↑ホイルがないから中はいまいちで
このあとさらに焼き直した)

32日目、
サンティアゴ・デ・コンポステーラまであと140km。
こんな雨山苦行、孤独、休憩ベンチ水道あんまりなしカミーノでも、
最近終わること考えると切なくなってきたよ。
image

ゴールするイメージだけで
もう、ウルッときちゃう!(←年寄り)
image

最後まで安全に歩けますように。
コケませんように。

そして今、これを今読んでくれているあなたに
明日なんかいいことありますように♪
(例:電車の中で狙いをつけてた人が、想像通り次の駅で立ち上がって座れる等。「降りる、と思わせといて……」のオチはなし)
image

ブエンカミーノ♪