ナポリ宿でのボランティア。
1日5時間上限✕5日(週2日休)

おもな仕事はすでに説明した
チェックアウト後のベッドシーツ交換(昼)番、

そしてこの“夜番”。
夜番は週にひとり2日平均でまわってくる。
朝は2日、昼は5日。

この宿にはバーがあって、
宿泊客は夜8時からのハッピアワーに
飲み物を注文すれば(コーラ1ユーロ〜)
夕食がタダなのが売り。(なくなったら終了)

それを我々ボランティアが作る。

量は15〜20人分目安で、
主なメニューはほぼ毎日パスタなんだけど
この日はわてが作った
かぼちゃのリゾット(クリー厶とペコリーノチーズたっぷり♪)、サラダ、茹でたブロッコリー、パン
IMG_20171030_200635

午後6時から8時の2時間で
料理を終わらせろって
シフトなんだけどムリムリ。
担当になると
数日前から何作ろうかなーと考えたり
当日は八百屋やスーパーをはじごして
両手いっぱいに買い物袋を下げて歩いて(かぼちゃ2キロ、米2キロ、レタス2、……)けっこう、
いや、かなりの労力。


パスタばかりでは飽きるだろうと
4ヶ月のあいだにあたしゃ
日本カレーとかおでんとかおにぎりとかも作った。
副菜も
イワシのフライとか
ナスの揚げマリネとか
ローストポテトとかいろいろ。
でも
写真撮ってる余裕なかったわ。


キッチンはお客と共用だから
場所をゆったり確保できないこともあるし
客にいろいろ話しかけられて ↓

IMG_20171201_010451

締切(?)の8時前には
いつもパニック!
終盤、パスタの湯切りなんかしてる頃には
もう髪ふり乱してあわあわ。


そんな時、
いつも仲間が手伝いにきてくれる。

プエルトリコ男のラムセスは
新人がやってくるたびに

「知ってるかい? 彼女、
片付けってものができないんだよ、
うん、日本人とは思えないよね、
この、派手な散らかしっぷり!」
とか説明しながらせっせと片付けてくれる。

なんとか20時に作ったものをバーに出しても
片付け等あるから
製作者はゆっくりと食べれない。
落ち着いて飲めない。

レセプションをのぞくと
なんか賑わってるしー。↓

IMG_20171104_234405

バーへ行けば
「今日のリゾット、作ったの君かい?
超おいしかったよ、ありがとー」
なんて言ってくれる優しいお客さんがいて
少し浮かばれる。

IMG_20171105_011932_HHT


 21:30 PM

そして一段落すると、ゴミを出す仕事。
みんなの楽しそうな宴を横目に
この重いのを ↓ 通りに出て
道路横断して捨てるの、ひとりで!
雨の日は泣くよ。
IMG_20171030_205614_HHT

ナポリのドライバーは
信号なんか守らないからね。
通りを横断できない時は交通量が減るまで待機。
でも22時をすぎると
カートを引きずる音が
「うるせーーー!」
ご近所様にどなられるから注意。

IMG_20171030_205735

袋をゴミ箱に放り投げる時に
ゴミの中の液体(ビールとか)が
足にひっかかったりしてね、
もう最悪。

レ・ミゼラブル

IMG_20171030_205818

さーらーにー、このあと
トイレの見回り、軽清掃。


どんだけーーーっ!(懐)


IMG_20171030_211426


「ちょっと働きすぎじゃねーかオレたち!?」


特に朝・昼・夜番が重なった日の
疲れはけっこうなもので。。。

「いいよもう、
清掃用手袋でもして
格好だけつけたらいいよ!」


IMG_20171214_214918_1


よく働いたなー。ほんま。



だけど今ふりかえると
こんな4ヶ月のナポリ宿生活が
どーしようもなくキラキラと輝いてきてさ、

何かね?


IMG_20180127_165103


帰国マジックかね?


そうそう、
おとといジャパン帰ってきたなりよ。
今回も3ヶ月間の帰国。

そして今回の帰国は……





作家でもライターでもいいけど、
自分の本業に戻る道も探してみようと思ってんだ。
ダメ元でも何でも
久しぶりにやってみようかとね。

この3年間、
イタリア、スペイン、モロッコの合計10の宿で
「珍しい日本人スタッフ・トモコ」
として働いた、
オモシロ経験をどこかにまとめられたらとね。

日本人はまだ少ないけれど
「ボランティアしながら長旅」
はいまやバックパッカーの常識。
博物館や遺跡めぐりもいいけれど、
旅先のひとつの町に落ち着いて
「異国で働く」ということでしか得られない経験、
これって大きいよ。

その魅力を身を持って伝えたい!
   (本気やでー)



東京で部屋付きのバイトでもやりながら
企画書書けたらええなー。


もうこれ位しか飛べないけど ↓
ナポリのおかげで
気持ちだけは元気だよ。
IMG-20180122-WA0001

チャオ!